お問い合わせ
授業形態

「一対複数」が基本です。

授業形態は「一対複数」。つまり、一人の教師が、同時に、複数の生徒に対応しながら授業をしていくスタイルです。


 

通常個別授業は、同時間帯に、学年も学習科目も異なる生徒達が机を並べて、自分の課題に取り組むスタイルとなっています。したがって、小学生が割り算に取り組んでいる隣で、中学生が英語の受動態を学び、そのまた隣では、高校生が三角関数の課題に取り組んでいる、という光景も珍しくありません。

小学生英語は、授業開始時には、全員一斉にアルファベットを書くことからスタートしますが、その後は、各生徒の学力や性格に合わせて、個別対応の学習となります。

国語読解授業は、基本的に、一斉授業です。 

  


 


  
 

お問い合わせはこちら