お問い合わせ
塾の特長

「頼りになる場所」を目指して

イギリスでは、国民ひとりひとりに「かかりつけのお医者さん」がいる、という話を聞いたことがあります。

日本では、風邪をひけば内科、怪我をしたら外科、肌のトラブルは皮膚科へと、最初から、それぞれの専門医を訪ねます。でもイギリスでは、何か身体に不調があったら、まずは自分の「かかりつけ医」を訪ね、そして、よほどの重症でない限り、たいていの問題はそこで解決してしまうそうなのです。

身体の不調の原因は、単純ではありませんし、専門医は、自分の専門以外はわからないのが日本の現状。頭が痛いから脳外科に通っても、あるいは、腰が痛いから整形外科に通っても、症状が改善されもしないし、痛みの原因もわからない、ということは、実はよくあることなのです。

子供達の勉強にも同じことが言えます。   

今、抱えている問題の原因は、実は、全く別のところにあるかもしれないし、自分が問題を抱えていることは恥ずかしいことだと思い込み、人に知られないように一所懸命に隠していることもあるのです。  


でも、「自分のことをわかってくれる先生がいて、何かあったらいつでも駆け込める」と思える場所があればどうでしょう?
学業に関してはもちろんのこと、日々の生活の中での不安や不満、悩み、進路に関しての相談、時には褒めてほしいことや自慢したいことなど、何でも言えてスッキリできる場所があれば、心強いと思いませんか?


パニマーニエの生徒達も、いろいろな相談ごとを抱えて、駆け込んできます。

例えば

「中学の入学式の、新入生代表挨拶に選ばれてしまった!恥をかきたくない!ご挨拶の原稿を書いたので、チェックして下さい!!」

「短期留学に応募するための作文指導をお願いします!」

「海外留学します!でも、課題の英文が上手く書けません。何を、どんなふうに書けばよいか、教えて下さい!」 

というものから、

「夏休みの技術の宿題で、製図が出ましたが、キャビネット図がどうしても描けません。描き方を教えて!」

「美術のテストの範囲に“印象派”があります。授業で聞いても、よくわかりませんでした。“印象派”って、何?」

「修学旅行で京都に行きます。見学コースのプランを提出しなければなりません。絶対おすすめの場所を教えて下さい!できれば、穴場で!」        
などなど・・・ 。 

全て、今まで実際にあった生徒からの相談で、その都度、可能な限りの指導とアドヴァイスをしました。

どんな時でも、どんなことでも、とりあえず 相談できる場所がある。そして、結構そこで問題を解決できてしまう。それは、イギリスの「かかりつけのお医者さん」にどこか似ていて、やはり生徒たちにとっては、心強いもののようです。

もちろん、通常では、お医者さんにかかるのは、何か身体に不調があるとき、つまり、必要性が高まったときです。同様に、受験のときだけ、合格に必要な学力とスキルを手にするために入会して下さるケースもたくさんあります。

補習でも受験でも、必要性に応じて通って頂ければよいと考えています。大切なのは「頼りになる場所」だと思って頂けること。

「頼りになる場所」を目指して・・・

それが 手づくり塾パニマーニエ

です。    


  
  

お問い合わせはこちら